| /


1. システム電圧の自動識別

2. 新充電アルゴリズム採用により3段PWM充電方式を採用しています。定期的または過放電時にバッテリーに均等化充電を適用を行うことで、電池の非均等化、硫化を効果的に防止し、電池の寿命を延ばすことができます。

3. 温度補償が採用されているため、充電パラメータを自動的に調整できます

4. 幅広い負荷動作モードにより、さまざまなタイプの製品の適用が容易になります。

5. この製品は、過充電、過放電、過負荷保護、および短絡保護を提供します。

6. 先進技術の負荷起動方式により、大容量負荷でもスムーズに起動します。

7. この製品は、グラフィックLCD画面と、2 つのキーによるヒューマンマシンインターフェース(人間が 機械を操作し、機械が操作結果や現在の状態を人間に知らせる手段)を装備しています。

8. ブラウザーとダイナミックインターフェースはユーザーフレンドリーデザインにより、便利で直感 的な操作が可能です。

9. 工業用グレードの設計デザインにより、様々な厳しい条件下でも十分に機能することができます。

10.TVS照明保護を採用

11.密閉型、GEL型、浸水型鉛蓄電池、リチウム電池の充電プログラムオプションが利用可能です。

操作手順
1.バッテリーをチャージレギュレーターのプラスとマイナスに接続します。
2. PVモジュールをレギュレーターに接続する - プラスとマイナス。
3. チャージレギュレーターに接続する - プラスとマイナス。
分解するときは逆の手順で行ってください。
順序を間違えると、コントローラーが破損する恐れがあります。